2015年12月14日

お茶の水女子大学大学院

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ


こんにちわ。今日はお茶の水女子大学大学院のご案内です。

★お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 人間発達科学専攻
 発達臨床心理学コース


●第1種指定大学院

●試験日程

・出願期間:2015年12月16日(水)〜24日(木)
・試験日程:2016年2月4日(木)〜5日(金)
・合格発表:2016年2月12日(金)

●募集人数

27名(8月・2月実施の他コースも含めた全コース及び全入試時期を含めた人数)

●選抜方法
【入試】

外国語:英語 120分 100点 辞書持ち込み不可。
専門科目:発達臨床心理学 120分 100点
面接:A・B・C・D判定
提出書類:卒業論文又は研究成果がわかるもの
     研究報告書(1,600字程度の概要、所定用紙)
     研究計画書(所定用紙)
 
●問い合わせ

お茶の水女子大学入試チーム
 〒112-8610 東京都文京区大塚2丁目1番1号
 電話:03-5978-5697

●交通アクセス

・東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩7分
・東京メトロ有楽町線「護国寺」駅より徒歩8分
・都営バス「大塚二丁目」停留所下車、徒歩1分

●学費(初年度)

入学料 282,000円(予定)
授業料 535,800円(予定)

●主要教官および専門分野

藤田宗和 教授
・TATの物語産出時の認知・思考プロセスの研究
・社会不適応者、特に犯罪者・非行少年の背景にある自己愛とその傷つきについて

篁倫子 准教授
 1)LD、ADHD、高機能自閉症等の子どものアセスメントと心理・教育的支援
   近年、特別な支援を要する児童生徒として、通常の学校においても彼らへの支援が行われ始めた。支援を始めるには適切な心理教育的アセスメントが必要である。そこで教育、心理、医療などの専門家と保護者との連携に下で実施される有効なアセスメントと指導・支援を検討する。これらの視点で極低出生体重児の長期追跡調査を継続中。

 2)養育環境と子どものQOLが行動発達に及ぼす影響
   本研究はグローバルCOE(格差センシティヴな人間発達科学の創成)の一環として進めている。子どものQOLおよび心理行動発達に与える親のQOL・養育態度・社会経済的因子における差、および保健・医療・教育・福祉の差を明らかにし、発達の阻害因子あるいは促進因子を、養育・地域・国の格差の視点から検討する。

 3)発達障害児を育てる親のメンタルヘルスと支援リソースに関する研究
   親の会や療育、公的支援などの支援リソースの実態を明らかにし、それぞれのリソースが親にとってどのような意味を持ち、メンタルヘルスの維持・向上にどのような役割を果たしているかを臨床心理学的視点から検討する。

伊藤亜矢子 准教授
 T学級風土質問紙(Classroom Climate Inventory)の開発とそれを応用した学校支援
 U 国際比較に基づくスクールカウンセラーによる教師支援方法の開発
 V スクールカウンセラーの学校全体への支援を促進するパッケージツールの作成

※本記事は各大学院のパンフレット等をもとに作成していますが、一部変更となる可能性もありますので、正確な情報は、各大学院に最新の資料を請求してご確認ください。
youkou.jpg
臨床心理士指定大学院の募集要項・パンフレット

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 大学院案内2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。