2011年01月14日

合格率・受講生数 / 徳島大学大学院

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ


こんにちは。年が明けて、お問合せを受ける機会が多くなりました。皆さん
も、本格的に始動された感じでしょうか。

そのお問合せの中で聞かれたのですが、グラデュエイトの合格率は前回の秋
入試で8割ほど、受講生の方は年間50人ほど通われています。

今まで2つを同時に聞かれることがなかったので気づかなかったのですが、
この前聞かれた際に、合格実績の案内と見比べて数字が合わないと不思議
そうな顔をされた方がいらしたので気づきました。

そうですね、大学院受験をお考えの方がグラデュエイトにいらっしゃれば、
他に通っている方も全員受験生と思われますよね。日々の業務にはまって
しまって、気づきませんでした。

グラデュエイトの個別指導講座は、心理系に関するオーダーメイド・オール
マイティの講座になります。

…すみません、必ずしもオールマイティではないですね。例えば以前アメリカ
の大学院で質的研究をされている方から、ある分析手法についての指導依頼
を受けた際に指導可能な講師がおらず、お引き受けできなかったことがあり
ましたし。

(でも東大の博士課程で質的研究をしている講師が「いや〜学会でも聞いた
 ことないですねぇ」と言っていたので、結構特殊な手法なのではないかと
 思うのですが…。)

ですので、残念ながらたまにお引き受けできないこともありますが、割と幅
広く対応させていただいているのではと思っています。

そのため個別指導講座は、心理系大学院受験をされる方が受講されるのはも
ちろんですが、他に例えばSPSSの使い方ですとか博士論文のサポート、臨床
心理士資格試験の対策など様々な形のお問合せをいただいて、都度の対応・
ご受講いただいています。

もしかすると以前にお問合せをいただいて、不思議に思われた方もいらっし
ゃるかもしれないので、こちらで書かせていただきました。


今日は徳島大学大学院のご案内です。

★徳島大学大学院 総合科学教育部 臨床心理学専攻

●第1種指定大学院

●試験日程

【1期】
・出願期間:2010年8月17日(火)〜8月20日(金)
・試験日程:2010年9月3日(金)
・合格発表:2010年9月10日(金)

【2期】
・出願期間:2010年11月24日(水)〜11月30日(火)
・試験日程:2010年12月25日(土)
・合格発表:2011年1月14日(金)

●募集人数

1期 10名
2期  2名

●選抜方法
【入試】
専門科目:臨床心理学 120分
     ・英語による心理学に関する問題(英和辞書の使用を認める。ただし電子辞書を除く)
     ・臨床心理学(基礎心理学を含む)
面接:口述試験により行う。

提出書類:研究分野の志望等調書(所定の用紙)
 
●問い合わせ

徳島大学総合科学部学務係
 〒770-8502 徳島市南常三島町1丁目1番地

●交通アクセス

JR徳島駅下車徒歩30分、徳島市営バス「助任橋」又は「徳島大学前」下車徒歩5分

●学費(初年度)

入学料 282,000円
授業料 年額 535,800円 前期分 267,900円
その他 53,700円

●主要教官および専門分野

佐藤 健二 教授
 修士論文作成のための指導を、主に臨床社会心理学、認知行動療法の観点から行う。すなわち、
 臨床社会心理学や認知行動療法などの観点から捉えることが有意義なテーマについて、学生が、
 問題提起、計画立案、データ収集・解析、考察、執筆することが出来る能力を養成することを
 目指す。具体的なテーマとしては、トラウマを開示することが心身の状態に及ぼす影響、社会
 不安障害の認知行動モデルの検討などである。

濱田 治良 教授
 人間が物理的環境をどのように認識し、心理的世界をどのように構成しているかを、錯視現象や
 パターン認知の研究を手掛かりとして知覚情報処理の観点から実験心理学的に研究している。パ
 ターン認知の研究において、群論を用いて巡回群と二面体群を生成する図形を組み合わせた複合
 図形が考案された。この複合図形を用いると図形の全体的構造と部分的構造を分離させることが
 出来る。そこでこの全体的構造と部分的構造の色を種々に組み合わせて、パターン認知における
 形と色の関係を測定する。そしてパターン認知における変換構造依存性と個人差について検討す
 る。

山本 真由美 教授
 子育て支援、特別支援教育、青年期の発達障碍およびその二次障碍、家族関係、親子関係といった
 乳幼児期から高齢期までの発達に関する課題の中から関心を抱いた課題を選択する。それに関する
 文献研究の仕方、課題について仮説の立て方、それにふさわしい研究方法・資料収集法、得られた
 資料の処理方法、論文としてのまとめ方などを指導する。それと共に臨床心理士としてその課題に
 どのように向き合えるのかの模索も行う。

境 泉洋 准教授
 修士論文に関するテーマ選定、実験あるいは調査の手続きなど、一連の論文作成技法について
 学び、修士に値する論文作成能力を養成する。具体的には、社会的ひきこもり等のコミュニティ
 全体で捉えるべき臨床心理学駅問題について、認知行動論、コミュニティ心理学の観点から検討
 を加える。そして、そうした問題の形成・維持のメカニズムを解明し、最終的には予防、改善す
 るための能力を養うことを目指す。

原 幸一 准教授
 修士論文を作成する方法として臨床心理学における諸問題に関して心理テストを用いてその特徴を
 調べる。そのときに心理的問題の背景にある認知的、発達的問題を考えながら状態像を理解する。
 論文を作成するにあたり具体的な対応、利用までを考えた考察をする。主な対象としては発達障害
 児・者、そのきょうだい達および養育者、学校及び関係機関の援助者などを考えている。

福森 崇貴 講師
 修士論文作成に関わる一連のスキルを身につけることを目指す。感情の制御・処理に関わる諸問題
 や、青年期にみられやすい心理的問題(特に他者攻撃や自己破壊)について学生各々がテーマを見
 出し、臨床心理学やパーソナリティ心理学の観点から検討を加える。具体的には、問題提起や研究
 計画の立案、データ収集、収集後のテータのまとめ方、執筆、発表の仕方などについて指導を行う。


※本記事は各大学院のパンフレット等をもとに作成していますが、
一部変更となる可能性もありますので、正確な情報は、各大学院に
最新の資料を請求してご確認ください。
youkou.jpg
臨床心理士指定大学院の募集要項・パンフレット

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。