2010年12月04日

【符号化特定性原理】Encoding specificity principle

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【符号化特定性原理】Encoding specificity principle

符号化特定性原理とは、符号化する際に、覚える対象となった言葉や事
象(想起すべき刺激)の手がかりとなる言葉や事象(手がかり刺激)が、
検索する際にも同時に提示されているほうが、提示されていない場合よ
りも記憶の再生成績が良いという現象。

記憶の状態依存は内的状態が手がかり刺激に、記憶の文脈依存は環境条
件が手がかり刺激となっている。

符号化とは、情報を覚えるときに自分が覚えやすい形式に置き換えて覚
えることをさす情報処理論に基づく概念(記銘とほぼ同義)であり、検
索とは、覚えた情報を思い出すことをさす情報処理論に基づく概念(想
起とほぼ同義)である。

長期記憶貯蔵庫の中では、情報は、意味的なつながりの強さによりネッ
トワーク化されている。そのため、ネットワークでつながれている手が
かり刺激が与えられると、ネットワークが活性化され、思い出しやすく
なると考えられている(意味ネットワークモデルと活性化拡散の原理)。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-感情・記憶・思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。