2011年09月11日

【統合失調症】Schizophrenia

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【統合失調症】Schizophrenia

統合失調症とは、古典的精神疾病分類においては真性てんかんと躁うつ
病と並ぶ内因性精神病の代表で、19世紀末にクレペリンによって早発性
痴呆として発見され、1911年にブロイラーによりschizophreniaとして
現在の統合失調症の基本症状の症候群としての記述がなされるようにな
った。

ブロイラーは、自閉・連合弛緩や支離滅裂・感情疎通性の障害・アンビ
バレンスを4つの基本症状としてあげ、シュタイナーは、妄想や幻聴・
思考化声や思考奪取・作為体験などの1級症状を挙げている。

下位分類としては、DSMでは、思考解体や自閉などの陰性症状を主とする
解体型統合失調症、興奮と沈静・多動と蝋屈症(カタレプシー)などの
陽性症状を主とする緊張型統合失調症、被害妄想や幻聴などを主症状と
する妄想型統合失調症、などがある。

原因としては、中枢神経におけるドーパミンの過剰放出を考えるドーパ
ミン仮説が有力であるが、家族関係などの心理社会的要因も大きく影響
していると考えられる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


ラベル:統合失調症
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。