2012年10月23日

【現象学】Phenomenology(心理学史領域) / 東北大学大学院

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ


こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための心理用語解説と
東北大学大学院のご案内です。

【現象学】Phenomenology(心理学史領域)

現象学とは、事象を観察してデータを取る際に、観察者は自分が意識的
にも無意識的にも持ってしまっている前提や仮説・価値観をすべて棚上
げ=エポケーして、その事象が現象として生じてくる過程をありのまま
に記述することを通して、人間の認識という行為はどのようなものであ
るかを明らかにしようとする哲学的立場の1つである。

自然科学的思考法の基盤である存在論に対抗する認識論を代表するもの
である。

客観的存在や本質と言われるものもすべて認識という人間の主観的行為
を通じて明らかにされるものであるため、人間の認識という主観的行為
とはどのようなものかを十分に明らかにしなければ、客観的な真理や法
則性とはどのようなものかを明らかにすることができないという立場で
ある。

心理学ではゲシュタルト心理学や人間性心理学、家族療法に多大な影響
を与えた。

東北大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 臨床心理研究コース

●第1種指定大学院

●試験日程

【1期】
・出願期間:2012年8月20日(月)〜8月24日(金)
・試験日程:2012年9月26日(水)/ 2012年9月27日(木)
・合格発表:2012年10月10日(金)
・入学手続期限:2012年3月14日(木)予定(詳細は合格者に通知)

【2期】
・出願期間:2013年1月7日(月)〜1月15日(火)
・試験日程:2013年1月28日(月)/ 2013年1月29日(火)/ 2013年1月30日(水)
・合格発表:2013年1月28日(月)
・入学手続期限:2013年3月14日(木)予定(詳細は合格者に通知)

●募集人数

約6名

●選抜方法
【入試】

外国語:英語、ドイツ語、フランス語から1ヶ国語を選択。
    120分
    辞書1冊の使用を認める。ただし電子辞書、翻訳機等を除く。

専門科目:研究コースごとに、志望する専門分野に関連する問題を課す。
120分

面接:研究計画の内容等について

提出書類:
 研究計画書(所定の用紙に、本研究科において研究しようとする研究テーマと
 その研究計画について、3000字程度で記載すること。)
 なお、参考論文(卒業論文または研究能力を証示する論文等。写しでもよい)が
 ある場合は、添付すること。

●問い合わせ

東北大学大学院教育学研究科教務係
 宮城県仙台市青葉区川内27番1号
 電話:022-795-6105

●交通アクセス(仙台駅からのアクセス)
 
仙台市営バス
○仙台駅前9番のりば
 宮教大・青葉台行
 青葉通経由動物公園循環
 →東北大川内キャンパス・萩ホール前[2-A]下車
  (約15分、運賃180円)
 川内南キャンパス経由
 (急行)東北大川内キャンパス
 →東北大川内キャンパス・萩ホール前[2-A]下車
  (約12分、運賃180円)
 ※平日午前の5便のみ
○仙台駅前16番のりば
 広瀬通経由交通公園・川内(営)行
 広瀬通経由交通公園循環
 →川内郵便局前[2-B]下車
  (約15分、運賃180円)

●学費(初年度)

授業料 年 額 535,800円(予定)
    前期分 267,900円(予定)

●主要教官および専門分野

長谷川 啓三 教授(臨床心理学)
 システムの自己組織性を活用した臨床心理的援助

上埜 高志 教授(臨床心理学)
 こころに悩みや障害のある人々の心理社会的状況、こころのケアやサポートのあり方

安保 英勇 准教授(臨床心理学)
 日常的な心理的問題への対処、NEETや大学生の不適応をめぐる問題

※本記事は各大学院のパンフレット等をもとに作成していますが、
一部変更となる可能性もありますので、正確な情報は、各大学院に
最新の資料を請求してご確認ください。
youkou.jpg
臨床心理士指定大学院の募集要項・パンフレット

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-心理学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。