2013年04月23日

川村学園女子大学大学院

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ


こんにちわ。今日は川村学園女子大学大学院のご案内です。

★川村学園女子大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 臨床心理学領域

●第1種指定大学院

●試験日程

【秋季入学試験】
・出願期間:2012年9月18日(火)〜10月5日(金)
・試験日程:2012年10月14日(日)
・合格発表:2012年10月18(木)
・入学手続期限:2012年10月26日(金)

【春季入学試験】
・出願期間:2013年1月17日(木)〜2月12日(火)
・試験日程:2013年2月19日(火)
・合格発表:2013年2月21日(木)
・入学手続期限:2013年2月27日(水)

●募集人数

8名

●選抜方法
【入試】
外国語:英語 60分 100点 辞書持込可(電子辞書不可)
専門科目:臨床心理学を中心に心理学に関する専門事項 90分 200点
面接:受験科目、研究会計画書その他に関わる質疑応答 100点

提出書類:研究計画書、履歴書
 
●問い合わせ

電話:04-7183-0114

●交通アクセス

JR成田線 「東我孫子」駅下車、徒歩14分

●学費(初年度)

入学金 300,000円
授業料 696,000円
設備資金 120,000円
施設費 200,000円
実験実習費 20,000円
後援会費 24,000円

●主要教官および専門分野

浅井 義弘 教授(臨床心理学、社会精神医学、精神衛生)
病院臨床を中心に、精神障害や不適応の問題についての研究です。なかでも、
「疾病に対する認知と社会的寛容度に関する研究」や「痴呆老人や子供達の
心身の発達と問題点および家族や社会との関連」等を地域精神保健の立場か
らの研究です。

松原 由枝 教授
(臨床心理学、心理臨床アセスメント、実験衝動診断学(ソンディ・テスト))
診断道具としての心理テストを心理面接・カウンセリング場面でいかに活用
していくべきか、という課題に添って、テストが担う診断機能の域を越えて、
心理治療・心理教育への新たな活用について研究を展開しています。

蓮見 元子 教授(発達心理学、教育心理学、発達臨床心理学)
子どもはいかに言語を獲得し、内的世界を構築していくのか、初期発達とそ
の障害について研究しています。長年、小児病院やこどもクリニックで、発
達臨床を行ってきました。発達障害児の言語獲得の遅れは、表象機能の発達
の遅れによるところが大きく、その基礎となる心像(イメージ)の形成につ
いて、ごっこ、描画、物語ることなどの認知機能に焦点をあてて研究してい
ます。現在は、生涯発達心理学の視点から、児童期の子どものコミュニケー
ション能力や高齢者の認知障害についても研究しています。

※本記事は各大学院のパンフレット等をもとに作成していますが、
一部変更となる可能性もありますので、正確な情報は、各大学院に
最新の資料を請求してご確認ください。
youkou.jpg
臨床心理士指定大学院の募集要項・パンフレット

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年度 大学院案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。