2016年01月25日

東京女子大学大学院

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ


こんにちわ。今日は東京女子大学大学院のご案内です。

★東京女子大学大学院 人間科学研究科
人間社会科学専攻 臨床心理学分野


●第1種指定大学院

●試験日程

【1期】
・出願期間:2015年8月24日(月)〜8月27日(木)
・試験日程:2015年9月16日(水)/9月17日(木)
・合格発表:2015年9月25日(金)
・入学手続期限:2015年10月2日(金)入学申込金納入

【2期】
・出願期間:2015年11月23日(月)〜11月27日(金)
・試験日程:2016年1月20日(水)/1月21日(木)
・合格発表:2016年1月28日(木)
・入学手続期限:2016年2月4日(木)

●募集人数

7名

●選抜方法
【入試】
外国語:英語 60分 英和辞書の使用を認める。ただし電子辞書を除く。
専門科目:120分
面接

提出書類:研究計画書(所定用紙、1,000字以内、ワープロ使用可)
     卒業論文の写しとその要旨(所定用紙)
 
●問い合わせ

 電話:03-5382-6592

●交通アクセス

JR中央線西荻窪駅北口より徒歩12分

●学費(初年度)

入学金 240,000円
授業料 500,000円
施設費 140,000円
実験実習料 30,000円
臨床心理実習料 120,000円
東京女子大学学会費 3,000円

●主要教官および専門分野

柴山 雅俊 教授(異常心理学、精神病理学を専門とする。学際的関心を向けながら、精神の病態構造とその治療について研究する。)
 思春期・青年期の精神病理学を主な研究課題とするが、現在はとりわけ解離性障害に焦点をあてている。その他、摂食障害、対人恐怖、職場不適応、パラノイアなどの異常心理学に関心を向ける。人のこころを学際的な広い観点から構造的に理解したいと思っている。

前川 あさ美 教授(臨床心理学 学校臨床(いじめ 不登校) 病院臨床 トラウマ(虐待、災害など)と支援 発達障害)
 虐待やいじめ、喪失体験等による心の傷や加害体験(家庭内暴力や非行)に潜む心の傷についての理解と、心がもっている回復力への理解、そしてそうした力と手を組んだ支援について研究している。また、虐待やいじめ、その他の対人不適応に影響をあたえやすい発達障がいを抱える子どもと家族の生涯発達における支援、被災地でのこうした子どもと家族、ならびに支援者の心の理解と支援を行っている。

田中 健夫 教授(青年期および大学生心理学、精神分析的心理療法)
 同一化を強いられた自己。心的外傷の精神分析的理解と実践。近年は、加害/被害体験が自己形成に及ぼす影響について関心がある。

※本記事は各大学院のパンフレット等をもとに作成していますが、
一部変更となる可能性もありますので、正確な情報は、各大学院に
最新の資料を請求してご確認ください。
youkou.jpg
臨床心理士指定大学院の募集要項・パンフレット

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾

mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 大学院案内2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。