2012年06月03日

【空巣症候群】empty nest syndrome

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【空巣症候群】empty nest syndrome

精神医学者のディキンにより1966年に提唱された概念。子どもが進学・
就職・結婚などで家を出て行くことで取り残された中年夫婦、特に妻に
一時的に生じる心身の症状をさす。

症状としては、空虚感・無力感・不安感などが増大し、神経症やうつ病
を発症することもある。発症の原因としては、親役割の喪失という事態
(対象喪失)への適応の失敗や、中年期の自我同一性の混乱などがあげ
られる。

空巣症候群は、夫婦間の不和や熟年離婚などにつながったり、中年期女
性のアルコール依存などにもつながったりする危険性がある。しかし、
一方では、カルチャーセンターに通ったり、再就職活動をしたりという
中年期の新たな自我同一性の確立や再確立に向けての積極的活動を促す
契機ともなり得るものであり、早期に危機介入を行うことでより良い発
達・成長を促すことが可能となる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


ラベル:空巣症候群
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

【人間性心理学】Humanistic psychology

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【人間性心理学】Humanistic psychology

人間性心理学とは、人間個人の持つ成長力や自然治癒力を重視し、他の
動物とは違う人間の独自性として、生きる意味や目的あるいは自己存在
の全体性を志向する存在であると捉える臨床心理学の学派である。

A.マズローにより、精神分析(第1勢力)や行動主義心理学(第2勢力)
とは異なる臨床心理学の第3勢力として提唱された学派を指す。主に、
C.R.ロジャース、ジェンドリン、F.パールズ、E.バーン、フランクルな
どが挙げられる。

人間性心理学の背景にある哲学は、実存主義哲学と現象学である。

実存主義とは、人間が単なる物理的存在ではなく、自分の存在意義や生
きる意味を自覚する実存的existentialな存在と考える立場である。

現象学とは、「今、ここ」という場において目の前に現れる(現前化す
る)現象を、その現象を認識している主体の主観的枠組みに沿って、あ
りのままに何の先入観も持たずに記述・理解しようとする認識論哲学の
立場である。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:人間性心理学
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

【多面的行動療法】Multi-modal therapy

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【多面的行動療法】Multi-modal therapy

A.A.ラザラスにより開発されたものでマルチモード療法とも呼ばれる。
認知行動的アプローチを核とするため認知行動療法に分類されることが
多い。

Behavior:行動、Affection:感情、Sensation:感覚、Imagery:心的イ
メージ、Cognition:認知、Interpersonal relationship:対人関係(家
族関係も含む)、Drug & biology:薬物および生物学的側面からなる
BASIC-IDと呼ばれる7つの次元(seven mode)に基づきアセスメントお
よび治療的介入を行う。

従来の行動療法が対症療法に過ぎず再発や他の症状への置き換えが生じ
やすいという批判から、全人格的で統合的なアプローチを開発すること
が必要とラザラスが考えさまざまな心理療法の要素を統合して作られた
もので、統合的心理療法の代表的なものである。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

【コミュニティ心理学】Community psychology

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【コミュニティ心理学】Community psychology

コミュニティ心理学とは、地域精神保健活動を母体とする「個人と環境
の適合(fit)」を目的とする臨床心理学理論および技法であり、G.A.キャ
プランにより体系化された。

コミュニティ心理学では、共通の目的や関心を有するさまざまな身体的
・心理的・社会的(文化的)条件を持つ人々が、共有する目的・関心を
達成できるよう働きかけあう場を機能的コミュニティと捉える。

そのコミュニティの構成員の内的諸要因の改善だけでなく、各構成員を
取り巻く環境への働きかけと変革を通じて、コミュニティの構成員の心
理社会的問題を解決することを目的とする。

コミュニティ心理学的サービスモデルの特徴として、問題を抱える個人
に直接働きかけるだけでなく、周囲のコミュニティ構成員に働きかけて
コミュニティの構成員同士で問題の解決や予防を行えるようにすること
があげられる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

【系統的脱感作法】Systematic desensitization

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【系統的脱感作法】Systematic desensitization

クライアントが不安や恐怖を感じる対象や状況を、10点満点あるいは100
点満点(SUD:主観的障害単位)で弱いものから強いものへと順に並べた
不安階層評を作成する。

その低いものから順番に頭の中にイメージして、リラックスと不安・恐怖と
いう緊張状態を対呈示する逆制止を用いて不適応的な恐怖や不安反応
を除去する心理療法。

古典的条件付けに基づく行動療法であり、J.ウォルピにより開発された。

逆制止reciprocal inhibitionとは、ある反応と逆方向の反応を対呈示す
ることでその反応を抑制・除去する手続きである。イメージではなく実際
の対象や状況を用いる場合は現実的脱感作法Desensitization in vivoと
呼ばれる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

【箱庭療法】 sand play therapy

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【箱庭療法】 sand play therapy

ユング心理学派のD.カルフにより開発された表現療法。

縦57cm×横72cm×高さ7cmの内側が青色に塗られた箱の中に砂が敷き詰
められている。その箱の中にクライアントが部屋の中に用意されている
ミニチュア玩具を自由に置いていく。その後、クライアントに表現した
内容に関して自由連想してもらい、箱庭の表現の象徴的意味と自由連想
における表現の持つ意味とを関連付けていくことで、クライアント自身
が自分の無意識的な心的世界を洞察できるよう促していく心理療法であ
る。

箱庭療法は、遊戯療法をアレンジしたエーレンフェルドの世界技法とい
う表現療法からヒントを得て開発された。カルフの箱庭療法は空間象徴
理論と玩具の象徴的意味に基づいて分析・解釈するが、日本ではあまり
象徴的解釈は行われない傾向にある。また、一回限りの分析ではなく継
列分析が重視される。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:箱庭療法
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

【無条件の肯定的関心】Unconditional positive regards

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【無条件の肯定的関心】Unconditional positive regards

C.R.ロジャースの示したカウンセラーの3つの態度要件(必要十分条件)
の1つ。カウンセリングや心理療法において、カウンセラー(治療者)
は、クライアント(患者)の表現した言動に対して何の価値判断や評価
をせず、ありのままに受け止めた上で、クライアントに対して承認や保
障の言葉かけをすることである。

無条件の肯定的関心が適切にクライアントに伝われば、クライアントは、
自分の心の中をありのままに表現しても、カウンセラーから評価された
り批判されたりしないと感じることができる。

それにより、自分の心の中を開示していこうという動機付けが高まり、
クライアントの抱える問題に関する情報をカウンセラーが収集・理解す
ることが可能となる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

【防衛機制】 Defense mechanism

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【防衛機制】 Defense mechanism

精神分析は精神疾患や心理的不適応の原因を、発達の初期に重要な他者
(主に養育者)との間で生じた葛藤や欲求不満であると考える。これら
の葛藤や欲求不満は意識化すると不安感が高まるため、意識的な言語表
現ではなく、身体的行動的な別の形の表現として症状や問題行動となる
と考えられる。

このように、無意識の葛藤や欲求不満を本来の形ではなく別の形で表現
する心的メカニズムを防衛defenseという。

防衛という概念はS.フロイトにより提唱されたものであるが、その後、
娘のA.フロイトにより自我の機能の1つとして考えられるようになり、
症状や不適応を引きこすだけでなく、葛藤や欲求不満を一時的にやり過
ごして不安感を低下させるための緊急避難的な適応のメカニズムである
とも考えられるようになった。

自我心理学で最も適応的な防衛機制は昇華sublimationである。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:防衛機制
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

【精神分析】 Psychoanalysis

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【精神分析】 Psychoanalysis

精神力動論の元祖であるS.フロイトにより開発された対話に基づいた治
療法である心理療法(精神療法)の最初のものである。

精神分析の主な技法は、自由連想free associationと夢判断dream interpretation
および抵抗分析や転移分析である(ただし、現代の精神分析ではほとん
ど夢判断は用いられていない)。

自由連想や夢についての語りの中で生じる抵抗resistanceや転移transference
に患者を直面confrontationさせ、そこにおける無意識の葛藤や欲求不
満の表現に気づかせる。そして、その表現がどのような文脈で生じてい
るのかに意識を向けさせる明確化clarificationが行われ、それらの背景
に重要な他者との間で過去にどのような関係があったのかを洞察させる
ための解釈interpretationが治療者から提示される。そして、深層の無
意識まで洞察が到達できるようになるための徹底操作working through
が行われる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:精神分析
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

【精神力動論】 Psychodynamic theory

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【精神力動論】 Psychodynamic theory

精神力動論とは、19世紀末に創始された心理療法の元祖であるS.フロイ
トの精神分析から始まる臨床心理学の第1勢力と呼ばれる学派を指す。

意識と無意識の相互作用を主とする精神世界のダイナミズムのゆがみや
アンバランスな状態が、精神疾患や心理的不適応の原因であると仮定す
る。そして、精神疾患や不適応の原因である精神世界のダイナミズムは、
患者自身の力だけでは意識化して対処することが困難であると考える。

よって、この立場の治療方法は、無意識にある葛藤や欲求不満あるいは
人生にとって必要なメッセージを、患者が意識化・洞察できるよう治療
者が解釈を与えたり、意識と無意識の相補性を確立するための方向付け
を与えたりすることが必要と考える。

精神力動論に分類される主な理論としては、S.フロイトの古典的精神分
析、A.フロイトやM.マーラーに代表される自我心理学、M.クラインやウィ
ニコットに代表される対象関係論がある。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:精神力動論
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-臨床心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。