2012年09月27日

【コンピテンス】competence(発達心理学領域)

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【コンピテンス】 competence

有能感とも訳される。コンピテンスとは環境に対する適応能力をさす概念。

個人が、経験・学習を通して獲得した能力であり、ある状況下で有効に作用
すると考えられる潜在能力の側面と、その環境条件においてその潜在能力を
有効に活用し自分の有能さを発揮しようとする動機付けの側面、という2つ
の側面を統合した概念である。

環境に対して自分の持っている能力がその環境条件で効果的に問題を解決す
るだろうというように、自己能力の効果を予期する側面を持っているため、
R.W.ホワイトによれば、コンピテンスは、自己効力感の側面を含みこむもの
であるとされている。

自己効力感とは、自分が行動およびその結果を自分の力でコントロールでき
るであろうという予期=効力予期の程度を示す概念で、バンデューラによっ
て提唱された学習心理学における概念である。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


posted by グラデュエイト at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

【社会性】sociality

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【社会性】sociality

社会性とは、他者との協調性・対人的積極性・対人的活動性など、対人
関係を良好に保ち発展させる個人の特性の総体を示す概念である。

広義には、社会的態度や社会的規範あるいは習慣や規則が内面化された
状態を指す。言い換えれば、社会的適応に関する特性全般に関する発達
水準を表す概念である。

健常児においては、学校適応能力・学校規範の内在化・友人関係の広さ
や円満さ・愛他行動や向社会行動が主なものとなる。また、精神遅滞児
など発達障害児に関しては、社会生活を営む上で必要不可欠な能力とし
て、言語能力・身辺自立や運動の能力・作業や移動の能力なども含まれ
る。

広義の社会性の発達は、社会化 socialization という概念と同義であり、
社会化とは、その個人が所属している文化や社会集団の構成員として必
要な価値規範や態度・行動様式・知識を内面化する過程をさす。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:社会性
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

【マザリング】Mothering

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【マザリング】Mothering

養育者が乳幼児に対して持つ愛情・愛着とそれに基づいて示される母性
的な働きかけや養育行動をさす概念。授乳や入浴あるいは排泄の世話だ
けでなく、乳幼児の発信行動に対して情緒的に反応し返すことが含まれ
る。マザリングは、単に生物学的な本能行動というよりも、乳幼児と養
育者が社会的相互作用を行うことを通じて形成されるものと考えられて
いる。

マザリングは、乳幼児の健全な心身の発達に欠かせないものであり、対
人関係の基礎となる自己信頼や他者信頼という基本的信頼感の形成や社
会的技能の獲得がマザリングを通して行われる。マザリングの不足や不
適切さは、乳幼児の情緒発達や人格発達を阻害し、情緒障害や人格障害
となる危険性を高める。

ラターによると、マザリングの特徴としては、愛情的関係、愛着、連続
性、適切な刺激の提供、などがあげられている。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:マザリング
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

【同一性拡散症候群】Identity diffusion syndrome

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【同一性拡散症候群】Identity diffusion syndrome

E.H.エリクソンにより提唱された概念で、境界例患者に特有の精神状態
を表すもの。自我同一性の確立がなされておらず、自分の存在意義や価
値を確信できないために自己に対する空虚感や無価値感に苛まれている
状態。

具体的には、
(1)自意識の過剰
(2)対人的距離の失調
(3)勤勉性の喪失
(4)選択の回避と麻痺
(5)時間的展望の拡散
(6)否定的な同一性の選択
という6つの症状により定義される。

同一性拡散は、青年期においては誰しも一時的には体験するものであり、
自己と社会の関係を再構成して新たな自分を作り出す基盤ともなりうる
ものである。

しかし、この状態が常態化してしまうと、自分の周囲の人々や社会が示
す規範や価値を受け入れられず、対人関係における不安定性や感情の起
伏の激しさ、自己に対する空虚感や虚無感などの境界性人格障害の症状
を発症することとなる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

【ライフサイクル論】Life cycle theory

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【ライフサイクル論】Life cycle theory

E.H.エリクソンが提唱した生涯発達段階論のこと。ライフサイクルは人
生周期あるいは生活周期と訳される。

エリクソンは精神分析の自我心理学の立場から、人の誕生から死までを
8段階に分け、各段階で自我が健全に発達するために必要な克服すべき
課題として心理社会的危機psycho-social crisisを設定した。心理社会
的危機とは、誰もが社会的な場で経験すべき肯定的状態と否定的状態と
の間の葛藤状況を「〜対〜」と示し、この葛藤状況を経験した上で肯定
的状態が一般化することが次の発達段階の健全な発達の基盤となるとし
た。

S.フロイトの発達段階が性的リビドーの方向性に基づいて段階を位置づ
けているため心理性的発達段階論と呼ばれるのに対し、エリクソンの発
達段階は心理社会的発達段階論と呼ばれる。

エリクソンに代表されるような、前の段階が基盤となって機能分化し次
の段階へと移行しつつ全体が次第に統合されるという発達原理を、漸成
説Epigenesisという。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

【発達の最近接領域】zone of proximal development

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【発達の最近接領域】zone of proximal development

ヴィゴツキーにより提唱された社会構成主義的な認知発達に関する概念
で、問題解決場面において独力でできる現在の発達水準と周囲からの助
言や助力があって問題解決ができる将来の発達水準の差をさす概念。

人間の持つ高次な精神機能である思考などの認知機能を発達させるとき
に、この発達の最近接領域を教育者の側が適切に認識しそこに働きかけ
ることで教授―学習過程は効果的なものとなるとヴィゴツキーは考えた。

ヴィゴツキー以前の発達心理学に基づく教育では、生理学的成熟を待っ
て独力でできるための発達の準備状態=レディネスが整ってから教育的
操作を行うべきというレディネスを待ってからの教育が重視されていた
が、ヴィゴツキー以降は、レディネスを作り出すように教育が先んじて
学習者に働きかけることの重要性が指摘されるようになった。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

【前操作期】preoperational period

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【前操作期】preoperational period

J.ピアジェの認知発達段階論における第2段階をさす概念。2歳頃〜7
歳頃の、象徴的な意味を持つ記号を用いて自分の主観的な状態を表現し
たり対象や事象を理解・表現したりすることが可能となる時期。

ただし、自分の主観的なイメージや知覚に囚われており、他者の視点に
基づいて対象や状況を理解することができない自己中心性ego-centrism
の特徴を持つ。

2歳頃〜4歳頃は、アニミズム、人工論、相貌的知覚に代表される自分
の主観的世界のイメージに縛られた象徴的思考の段階、5歳頃〜7歳頃
は客観的に物事を見られるようになるが、三つ山問題や質量保存の法則
に関する問題への誤答に見られるように、自分以外の立場や視点に立つ
ことができず自身の視覚情報に左右されてしまう直観的思考の段階に分
けられる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:前操作期
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

【心の理論】Theory of mind

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【心の理論】Theory of mind

心の理論とは、自分や他者の主観的な状態(感情・目的・意図・信念・
願望など)を、客観的に観察されたその人の行動や態度およびその結果
から推論する枠組みおよびその能力をさす概念である。

比較行動学における人間以外の動物に心があるのかというプレマックら
による研究から生み出された。近年は、乳幼児の共感能力やコミュニケ
ーション能力発達という観点から研究が進められている。

有名な実験に、誤信念の実験がある。これは、ある人が持っている誤っ
た信念や価値観を共感的に理解して、その人の立場に立ってその人の行
動を予測できるかという課題であり、大体4歳ころまでには、ほとんど
の子供が正解にいたることが明らかにされている。

このことから、自閉症の背景には心の理論の未発達という問題があるの
ではないかという指摘がなされている。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:心の理論
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

【情緒的応答性】 Emotional availability

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【情緒的応答性】 Emotional availability

自我心理学のM.マーラーにより提唱された概念で、乳幼児期における養
育者と乳幼児の感情的な交流における養育者側の必要な態度を表す。

乳幼児が自分の欲求や衝動あるいは感情に基づいて何かしらの発信行動
を示したとき、養育者がその発信行動を共感的に受け止めて、その背後
にある意味を解釈し適切な対応を乳幼児ができるように適切に反応し返
すことをさす。

情緒的応答性とは、言い換えれば、乳幼児の発信行動に対する養育者の
情緒的表現や反応を利用して乳幼児が自分の抱える不安を除去したり欲
求あるいは願望を叶えられたりするように、養育者が共感的に応じるこ
とである。

情緒的応答性が適切に示されれば、乳幼児は、自己信頼と他者信頼の感
情を獲得し安定した対人関係を構築する能力の基盤を発達させることと
なる。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:情緒的応答性
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

【愛着】Attachment

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村 ブログラムへ 人気ブログランキングへ

こんにちは。今日は臨床心理士指定大学院合格のための、心理用語解説です。

【愛着】Attachment

愛着とは、発達心理学では幼少期の養育者と乳幼児との間の情緒的なつ
ながりを指す概念であり、精神分析ではその人の存在や自己価値の維持
や高揚にとって必要不可欠な重要な他者や事象に対する情緒的なつなが
りを指す概念である。

特に、J.ボウルビーにより、対象関係や内的作業モデルの発達という観
点から、生後3ヶ月頃から3歳頃までの愛着の発達と後の不適応や精神疾
患との関連が指摘されている。

愛着が適切に成立・発達していれば、自己の主観的世界は安定化して自
己信頼と他者信頼という感情が育まれ、心理的に健康な状態となるが、
愛着の発達が不適切だと、自己の主観的世界は不安定となり、自己不信
や他者不信の感情が生じ、さまざまな心理的不適応や精神症状の源とな
ると考えられている。

youkou.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 臨床心理士指定大学院 予備校
  グラデュエイト進学塾
■ カウンセラー入門・カウンセリング体験講座
  グラデュエイト カウンセリング体験セミナー

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-16 東商ビル3 6F
tel.03-6915-2165 fax.03-6915-2168
mail.info@graduate-juken.com

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ラベル:愛着
posted by グラデュエイト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説-発達心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。